福島歯科医師会

サイトタイトル サイトタイトル

  • 年頭のごあいさつ

    新年明けましておめでとうございます。

    今年は酉年で、果実が熟成した状態を表しているそうです。

    皆様にとって実りある一年でありますようにご祈念申し上げます。

    [地域包括ケアシステム]

    さて国は、団塊の世代が75歳以上となる2025年(平成37年)を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を目指しています。

    本会は地域住民の皆様の在宅医療と介護に対応できるように進めております。現在寝たきりで通院が困難な方は、かかりつけの歯科医院に相談されるか、福島県歯科医師会の在宅歯科医療連携室(℡024-523-3268)に相談してください。

    [フッ化物洗口]

    皆さんはむし歯予防と言えば歯みがきとお分りのことと思います。その通りで毎食後の歯みがきがむし歯予防の基本となります。 その上でさらにむし歯予防に効果的な方法があります。それはフッ化物を使用することです。これによりむし歯に成りにくい丈夫な歯質が出来上がります。

    まずフッ化物配合の歯みがき剤(フッ化ナトリウムやモノフルオルリン酸ナトリウムが配合等)が多数市販されております。 福島県は、昨年4月から県内の子供たちのむし歯の数が国内の最低レベルにあることにより、子どものむし歯緊急対策事業(フッ化物による洗口事業)を立ち上げました。これにより小学校や幼稚園等でフッ化物洗口する時に使用するフッ化物剤やそれを入れる容器等の費用が県からの補助になります。

    今のところ福島市内でフッ化物洗口を取り入れている小学校は少ないようですので、実施されてない学校の父兄の皆様には、ぜひ学校にフッ化物洗口を取り入れるように話していただきたいと思います。

    子供たちの未来のために。

    一般社団法人福島歯科医師会
    会長 鈴木潤一

PAGE TOP

アクセスカウンター